ネット誹謗中傷の定義と対策

インターネットでも発生する誹謗中傷

ネット誹謗中傷とはインターネット上で発生した誹謗中傷、風評被害などのことです。企業が受ける誹謗中傷に比べると定義にはかなりの曖昧さを含みますが、個人間のやり取りでも発生する可能性があるのは確かです。広義的に見れば対象を絞っての嫌がらせ行為もネット誹謗中傷にあたるケースがあります。大型掲示板上での行為で誹謗中傷にあたるケースも過去にはあり、昨今ではブログ、オンラインゲームなどでも発生し得るとも言われています。

グレーゾーンに注意して行動を

インターネット上での行為には法的に定まっていないものが多く、誹謗中傷においてはグレーゾーンがいくつか存在します。特にオンラインゲームのようにメーカー側が提供したサービス内でのやり取りにおいては、誹謗中傷にあたるかどうか曖昧になりやすいです。誹謗中傷や風評被害の業者によっては相談も受け付けているので、対処に困った際に利用できます。どういった場合も証拠となる文章、画像などがあると有利に事を進めやすいです。

誹謗中傷となるワードに気をつける

ネット誹謗中傷への対策は従来に比べると進んでいます。運営側が対応してくれることもありますし、対策を専門とした業者も多数あります。ただし誹謗中傷となるワードに気をつけて行動することもまた重要な時代です。なぜなら誹謗中傷を受けたと感じそれに反論した場合、自らも相手を誹謗中傷していると捉えられるケースがあるからです。ネット上での個人間のやり取りにはデリケートな面もあります。総じて対策を行う際に有利になるように行動することが大切です。

SEOとは、検索エンジン対策の事で、検索時に上位に表示させる方法です。逆SEOとは、逆に検索時に下位に表示させアクセスされにくいようにする方法です。誹謗中傷サイトへは、逆SEOが用いられています。