ホームページのデザインによって読者の反応が大きく変わる3つのお話!

なぜホームページのデザインにこだわる必要があるのか

ホームページは、その内容や文章力によって読者数が決まると思われていますが、実は違います。読者はまずホームページのデザインを一目見てから、『読むか読まないか』を決定しています。どれだけ価値のあるホームページであっても、読みづらかったり、雰囲気が暗い、あまりにもシンプル過ぎて簡素という場合は読む気もしません。だから、読者が一間見て、『このホームページ読んでみたい!』と思わせるようなデザインが必要です。決して自己満足のためではなく、読者のことを考えたデザインであることが大切です。

自分の思い通りのデザインをホームページに施そう!

ホームページのデザインを考える際、まず”自分なら”と考えると良いでしょう。見たときの印象を考え、デザイン編集をします。自分の納得の行くものができれば、今度は読者数をデザイン変更前と後を比較すると良いです。良い方向に変化していればOKです。もし変化なし、逆にマイナスになってしまった場合は、またデザインを編集し直す必要があります。この試行錯誤によって、読者に合ったデザインを決定し、圧倒的読者数を獲得することができるでしょう。ただし、デザイン編集には知識の技術が必要なので、プロ並みのデザイン力にはほど遠いでしょう。

面倒ならデザインを人に依頼してしまおう!

ホームページのデザインを自分で編集できない、あるいはプロ並みのデザインにしたい、という場合は専門の人に依頼することをオススメします。専門家なら短期間で、自分が希望するデザインをホームページに施すことができ、なおかつ読者を集める効果ももたらします。自分でデザイン編集するよりも、かなり効率的ではありますが、それなりに費用がかかるので注意しましょう。お金をかけてでも良いホームページデザインにしたい場合は、専門家に依頼すると良いです。お金をかけずに済ませたい場合は、自分で勉強して取り組む以外にありません。

レスポンシブデザインとは、スマートフォンやパソコンの画面などの複数の画面のサイズや解像度に、単一のファイルで対応することです。